FC2ブログ

渓谷の神秘

hidago1


 私は自分の長い登山生活の半ば以上を渓歩きに費やした。しかし振り返ってみると、足跡は実に狭い範囲に限られ、しかもその狭い範囲でさえまだ取り残したところが相当ある。考えてみると、渓というものはまことに手の付けられない代物である。
渓の数が山の数に比べると非常に多いこと、また渓は山よりも嶮しいということだけではなく、渓というものが極めて神秘的な魅力を持っていて、私をぐんぐんその奥へ引き込んでいくからである。

 山のあるところ谷を生ずる。山の頂から出る渓の数は、それが立派な山ならば、少なくとも渓谷を四つ以上はもっている。それだからその良い渓々を探りながら登山すると、一つの山を知るためには二回以上の登頂を必要とする。大きな山になると、八つも十もの渓谷が食い込んでいる。渓の美しさ面白さに打ち込んだものは、やはりそれを探ってみたくなる。渓が手の付けられない代物だという意味はここにもある。

 剣岳、穂高岳、または乗鞍岳、御嶽山等の大きな山々にも、幾つもの渓谷・美渓が山地を貫き、山麓をめぐっている。一つの山地を渓から探っただけでも数年はかかるだろう。渓の味わいのよさを知りはじめたが最後、簡単に範囲を広げて、散漫な漠然とした山登りはしたくないのだ。渓谷は四季鮮やかに移り自然は潤いに満ち、樹木はその種類に富み、色彩も豊かである。その底に流れる渓水の美しさ、純美清冽の姿は、日本の山水美を象徴するものである。山の懐に入ると、渓谷を刻んで岩壁がそそり立ち、森林は渓流をめぐって幽境を造っている。岩に激し、淵に渦巻き、蒼々としたトロをたたえて移って行く、その渓水の美しさは実に我が世の救いである。

 内陣の美。渓谷も大きな美しいものになると、探れば探るほど、それを構成している自然の美しさに驚かされる。自然の傑作に、その超人の神業に魅せられる。一度登って全般をうかがえるような山や渓は、興味漠然とした浅薄なものである。
(山渓記・渓想   冠松次郎)

 ひとりで静かな遡行を続けていきたい。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

原始境へ

gennsi2

 顧みると私の登山は主として原始境の探求であった。原始的の自然の懐に身も心も投げ込んでいったのである。
わが国では古い昔から、山頂という山頂は登りつくされ、近代登山が叫ばれた頃には、人跡未踏の山はほとんどなくなっていたのである。しかしまだ人の手によって形を変えていない、荒廃していない自然、ありのままの自然境はいたる所に残されている。
私はそういう原始的の自然の懐に、身をくつろげ、心を暢(の)べに行くのだ。そういう意味からいえば山水は無尽蔵だと言える。

自然ばかりを対象としないで、人と山とが混交融和している風景もよいが、どういうものか私は、人気(ひとけ)の少ない自然の方により興味を持つ。これは間違っていても、どうしようもない私の傾癖である。大きな自然に向かって叫びたい。存在の意義を知りたい。一人ぼっちで、自然に山に対したい。そんな傾癖が、たとえ一時的にでも、私を人かんから自然の奥へ引張って行くのだ。
(原始境を行く   冠 松次郎)

 15年前くらい前に岳人などを読まなくなってから登山事情や記録などほとんど意識外になった。遡行情報のないところに出かけていくことが多くなった。ささやかな目標だけが残った。

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

秋神川眞俣谷

sinn21
2019年10月6日

「ルート」 飛騨川水系秋神川眞俣谷 御嶽山北面

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

布川本流

nunoh2
御嶽山継子岳

2019年10月1日

「ルート」 飛騨川水系布川本流 御嶽山北面
「資料」 ALPINE01

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

高原川白水谷

haku37
2019年9月27日

「ルート」 高原川白水谷
「資料」 ALPINE年報8

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

笠谷

kasa19
2019年8月4~5日

「ルート」 高原川水系笠谷
「資料」 日本登山体系7 他WEB



続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

塩蔵川

enn46
2019年7月30~31日

「ルート」 飛騨川水系塩蔵(しおぞう)川
「資料」 ALPINE年報8

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

飛騨川道後谷下部

miti8

2018年6月14日

[ルート] 飛騨川道後谷下部
[山 域] 御嶽北面
[資 料] ALPINE01



続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

飛騨川岳谷

take23

2017年10月1日
<ルート>飛騨川本谷岳谷 <山域>乗鞍岳 <スタイル>沢登り(単独) <地形図>乗鞍岳・野麦 <資料>ALPINE9

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

荒城川 柳谷右俣

ara33
2016年9月16日 <ルート>荒城川柳谷右俣 <山域>飛騨 <スタイル>沢登り(単独) <地形図>町方・旗鉾 <資料>ALPINE年報8 <天候>くもり

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

阿多野郷川真谷

sinn21
2016年8月11日 <ルート>飛騨川水系阿多野郷川真谷 <ピーク>乗鞍岳中洞権現 <山域>飛騨 <スタイル>沢登り(単独) <地形図>乗鞍岳 <資料>ALPINE9

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

川上川大倉谷

ookura19
2016年7月19日 <ルート>川上川大倉谷 <山域>飛騨 <スタイル>沢登り(単独) 

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

濁河川兵衛谷シン谷

hei54
2007年7月28日 <ルート>濁河川兵衛谷シン谷 <ピーク>御嶽山摩利支天 <山域>飛騨 <スタイル>沢登り(単独) <地形図>御嶽山 <資料>ALPINE

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

飛騨川九蔵本谷

kyuu5
2006年7月8日 <ルート>飛騨川九蔵本谷 <山域>飛騨 <スタイル>沢登り(単独) <地形図>飛騨青屋 <資料>ALPINE

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

青屋川長倉本谷左俣

nagaku26
2006年6月1日 <ルート>青屋川長倉本谷左俣 <山域>飛騨 <スタイル>沢登り(単独) <地形図>飛騨青屋 <資料>ALPINE

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

山之口川大足谷

ooasi20
2006年5つき31日 <ルート>山之口川大足谷 <ピーク>川上岳 <山域>飛騨 <スタイル>沢登り(単独) <地形図>山之口・位山 

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用