FC2ブログ

リトルワールド

ritoru1
個人的(仕事関連)取材の為リトルワールドへ。
一周回るのに4時間歩く。写真400枚越える。充実の内容だった。

続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

博物館明治村

meiji2
個人的取材の為明治村へ
一周するのに6時間歩く。

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

渓谷の神秘

hidago1


 私は自分の長い登山生活の半ば以上を渓歩きに費やした。しかし振り返ってみると、足跡は実に狭い範囲に限られ、しかもその狭い範囲でさえまだ取り残したところが相当ある。考えてみると、渓というものはまことに手の付けられない代物である。
渓の数が山の数に比べると非常に多いこと、また渓は山よりも嶮しいということだけではなく、渓というものが極めて神秘的な魅力を持っていて、私をぐんぐんその奥へ引き込んでいくからである。

 山のあるところ谷を生ずる。山の頂から出る渓の数は、それが立派な山ならば、少なくとも渓谷を四つ以上はもっている。それだからその良い渓々を探りながら登山すると、一つの山を知るためには二回以上の登頂を必要とする。大きな山になると、八つも十もの渓谷が食い込んでいる。渓の美しさ面白さに打ち込んだものは、やはりそれを探ってみたくなる。渓が手の付けられない代物だという意味はここにもある。

 剣岳、穂高岳、または乗鞍岳、御嶽山等の大きな山々にも、幾つもの渓谷・美渓が山地を貫き、山麓をめぐっている。一つの山地を渓から探っただけでも数年はかかるだろう。渓の味わいのよさを知りはじめたが最後、簡単に範囲を広げて、散漫な漠然とした山登りはしたくないのだ。渓谷は四季鮮やかに移り自然は潤いに満ち、樹木はその種類に富み、色彩も豊かである。その底に流れる渓水の美しさ、純美清冽の姿は、日本の山水美を象徴するものである。山の懐に入ると、渓谷を刻んで岩壁がそそり立ち、森林は渓流をめぐって幽境を造っている。岩に激し、淵に渦巻き、蒼々としたトロをたたえて移って行く、その渓水の美しさは実に我が世の救いである。

 内陣の美。渓谷も大きな美しいものになると、探れば探るほど、それを構成している自然の美しさに驚かされる。自然の傑作に、その超人の神業に魅せられる。一度登って全般をうかがえるような山や渓は、興味漠然とした浅薄なものである。
(山渓記・渓想   冠松次郎)

 ひとりで静かな遡行を続けていきたい。

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

各務原アルプス 東半

kaga20

久しぶりに山に来れて気持ちがよい。

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

谷汲山華厳寺 お参り

omairi2
華厳寺にお参りに行ったが、紅葉はもう落葉ぎみだった。

続きを読む»

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用